資格講座などでよく目にする「医療事務」というお仕事、あなたはどんなイメージを持っていますか?

「女性に人気の資格でしょ?」
「病院で受付やってる人だよね」
「知り合いがやってるけどいつもレセ、レセ言ってる。何だかよくわからないけど・・」

何となくはイメージできるけれど、実際のところよく分からないと言う人も多いでしょう。
ここでは医療事務のお仕事やメリットについてわかりやすくご紹介しましょう。

そもそも医療事務の仕事内容はどんなの?

医療事務の仕事は人気?3つのメリットとは?

医療機関で働く人はお医者さん、看護師さん、レントゲンなどの技師さん、薬剤師さん、理学療法士さん・・
大きな病院なら他にも専門的な職業の人がいます。

国家資格が必要な医学のスペシャリスト達です。

そして国家資格ではないけれどもなくてはならないのが、医療事務のスタッフです。

大病院なら医事課がありますし、個人医院でも事務スタッフはいます。
医療事務のお仕事をする人がいなければ成り立たないということですね。

具体的にどんなことをするのかと言うと・・・

レセプト作成、受付、カルテ管理、患者さんの案内、診療記録、会計、電話応対、書類の作成、行政や製薬会社との連絡etc.
ほかにも雑用含めて沢山あります。

本当に幅広くありますね。

大病院ではこれら全てを一人でするわけではなく、分業されていることも多いです。
経営に直結するレセプト作成を、委託にすることもよくあります。

個人のクリニックではそれほどスタッフがいるわけではないので、全てやっているところが多いです。

医療事務のお仕事とは、お医者さんや看護師さんなどがする仕事以外すべてだと考えていいでしょう。

医療事務が女性に人気な3つのメリットとは

医療事務のお仕事についているのは女性が多いですね。
これには幾つか理由があります。

  • その1 専門性が高い
    「医療の知識が必要で専門的な感じでちょっとカッコいい・・」、確かにそうですね。
    女性は好奇心や知識欲も高いです。

    職場が変わってもお仕事の内容は共通していることから転職や再就職も比較的しやすいです。

  • その2 働き方の選択肢が広い
    医療事務は働く場所によって、正社員・派遣・パートと様々な形があります。

    女性の場合結婚や育児などのライフスタイルが変わっても、自分に合った働き方を選ぶことができますね。
    実際に主婦のパート勤務もとても多いです。

  • その3 求人が多い
    「資格を取ったのに働く場所がない!」そんな資格もある中、医療事務は探せば必ず見つかるお仕事だと言えます。

    高齢化が進む日本では医療機関が減ることはありません。
    むしろスタッフが不足しているところが沢山あるくらいです。

女性に人気なわけがちょっとわかった気がしませんか?

ちなみに医療事務の資格は民間のものですから、少し頑張れば取れるというところも人気の理由ですね。