医療事務の良いところの一つとして上げられるのは『勤務の仕方が多い』という点です。

私は200床以上ある医療機関の正規職員として勤務しています。
*この記事は某医療センターで医事課のリーダーとして働く友人の寄稿です

私を例に挙げると病院が始まる8時30分から病院の終わる17時までがお仕事の時間です。
休憩時間は1時間。

これを月曜日から金曜日まで繰り返します。
お休みは土曜日、日曜日、祝祭日。

そうです。
一般の会社や公的機関とそう変わりはありません。

少しだけ朝が早い、というくらいです。

医療事務の様々な勤務形態や勤務時間

これは、勤務する病院のカレンダーに左右されます。

例えば、木曜日がお休みの医療機関であれば木曜日が定休となります。

また、クリニックなど午前の受付のほかに午後の受付があったりすると、診療時間の終わりが18時や19時と遅い分、休憩が2時間近くもあったりします。

所変われば、仕事の時間も変わる。
それが医療事務員の勤務形態です。

あなたの生活環境にあう勤務先がきっとあるはずです。

採用枠は医療事務パートも

医療事務には、パートタイム、という選択肢もあります。
パート職員を募集しているクリニックや病院は少なくなく、その理由としては、前述したように医療機関によって『診療時間が様々』だからです。

例えば、複数の診療科を抱えている大きな病院で『耳鼻科の受付専門スタッフとして事務員が欲しい』と思っているところがあるとします。

しかし『耳鼻科は月曜日と水曜日と木曜日だけ』という採用条件だったとします。
(そういうふうに曜日を限定している診療科は割りと多いのです。)

経営側としては、こういう限定的な募集にこそ、パートタイムが欲しいのです。

また、他にも『診療開始から13時までが凄く忙しいから、この時間帯だけ人を増やしたい』と思っているクリニックがあるとします。
同じように、ここでもパートタイムの医療事務員が重宝されるのです。

私が勤務している医療機関でも、
『9時から17時までの勤務で、週に2日から3日だけ出勤している方』
『9時から14時までの勤務で、月曜日から金曜日まで出勤している方』がいます。

あなたにもきっとある、働きやすい勤務形態

勿論、冒頭でお話ししたように、普通の会社員のようにお仕事することも可能です。

医療事務というお仕事は、あなたの生活環境に合わせて勤務形態を選べる数少ない職種と言えます。

ベストマッチする医療機関を探すのは中々骨が折れるかもしれませんが、働きやすい勤務形態が必ずどこかにあります。

あなたにも、そんなベストマッチする医療機関が見つかることを願っています。