病院には『地域医療連携室』というお部屋があるのをご存知ですか?

今回は、地域医療連携室という部署が一体どんな部署で、医療事務員がどのように関わっているのかをお話ししようと思います。

俗に『地連(チレン)』と呼ばれるこの部署。
ここは、その名の通り地域との医療を連携するための仲介部署です。

仲介部署というとピンと来ないかもしれませんが、実はこの部署は、あなた自身やあなたのご家族のためにはとても重要な意味を持っている部署なのですよ。

病院同士の連携だけじゃない、地連の凄さ

病院に欠かせない地域医療連携室と医療コンシェルジュ

大きな病院に設置されている地域医療連携室では

  • 地域住民のために事前の診療予約や検診類の予約を取ってくれたり
  • 病院を移りたい時に転院の相談に乗って、その準備をしてくれたり
  • 入院患者の退院までの道筋や、退院後の生活支援を考えてくれたり
  • 介護施設や老人ホームへの入所のための手順を教えてくれたり
  • 医療費の相談や助成制度の相談に乗ってくれたりする

地域住民と病院、多くの介護施設や障がい者施設を仲介する、とても『顔の広い』部署なのです。

地域医療連携室の事務員は意外に多忙

地域医療連携室の事務員は思いのほか多忙です。

大抵の地連には、看護師、社会福祉士など複数の職種が集まります。

その中でも『医療費(診療報酬)の計算』という医療事務員の専門スキルは、患者さんの今後の治療計画を決定する上でも重要なポイントとなるため重要視されます。

もちろん、地連に関わる医療事務員は公費や高額医療費などの計算と制度に精通している必要があります。
また、他施設との連携をはかる際、窓口となり対応をするのも医療事務員の仕事です。

患者さんのカルテを開いて次回予約の調整をしたり、社会福祉士と連携して医療費軽減のための方策を練ったり、他施設からの患者さんの受け入れについて院内でのメッセンジャーになったりと、そのお仕事の方向性は様々です。

病院が、今最も欲しがる医療コンシェルジュ

地域医療連携室と近いようで近くない?職種に『医療コンシェルジュ』があります。

院内における診察の流れ、設備、医療制度、自院と連携している他施設の説明に加え、果ては病院の近くの食事処の案内など、ありとあらゆる情報を広く提供でき、問い合わせに対して決して『NO』を言わない、その医療機関のスペシャリストです。

大きな医療機関の中には、受付以前にこの『医療コンシェルジュ』を設置しているところが少しずつ増え始めています。

『おはようございます。何かお困りのことがありますか?』
困り顔の患者さまに、そうお声をかけてスラスラとご案内できれば、とても素晴らしいと思いませんか。

勿論、勤める医療機関での深い経験のほかに、医療事務としての幅広い知識、コンシェルジュとしての接遇力が試される、正にハイクラスの職種です。

医療事務として大成したいあなた。
いずれは医療コンシェルジュ、と目標にしてみるのもいいかもしれません。