医療事務の仕事と聞いて真っ先に思い浮かべるのは受付ではないでしょうか。
患者さんと一番接点のある業務ですからね。

個人病院やクリニックなどでは、事務員が患者さんと接するのはほとんど受付窓口だけになります。

ですが、大きな病院になると患者さんと接する事務員も受付係だけではありません。
外来受付以外にも、入院係やクラークなどの仕事もあります。

今回はそんな患者さんと接する医療事務の仕事を紹介します。

第一印象を決める外来受付

医療事務の仕事~外来と入院とクラーク

人の第一印象を決めるのは『顔・表情』と言われるように、その病院や診療所の第一印象を決めるのは一番最初に目に入る『外来受付』です。

来院した患者さんは、必ずこの『外来受付』を通っていくことになるので、ここに立つ医療事務員の責務はとても大きいと言えます。

なにせ、患者さんからの『第一印象』を決めるところですから。

そこでは、どんなことをするのでしょう?

外来受付では、患者さんのカルテを作成します。
昨今は電子カルテの時代ですので、紙のカルテを使用している医療機関は減少傾向にありますが、クリニックなどの小規模医療機関だと、まだまだ紙のカルテを使用しているところもあります。

このカルテ(診療録)がなければ診察は始まりません。

患者さんの個人情報をお預かりし、医療事務コンピューターへ入力していきます。
診察券の発券もここでやることが多いです。

病院・診療所は、全てがこの受付事務から始まるのです。

通院があれば入院もある~入院係

もちろん医療事務のお仕事は外来だけではありません。
『入院係』や『病棟担当』と言った業務があることをご存知ですか?

患者さんの中には、通院する人も入院する人もいるのですから、大きな医療機関になれば、もちろん『入院』部門に特化した事務員がいて当然です。

入院担当者は何をするのか?

入院までの手続き、入院してからの医療費の計算、自分が担当している患者さまのレセプト請求、医療費控除や公費制度の相談。
それら全部『入院係』のお仕事になります。

しかも入院は、外来に比べて扱う治療行為がとても沢山あり、難しい処置も検査も手術も、診療点数の高い医療行為はほとんどが入院でおこなわれます。

その分、入院の担当者には『高い専門性』と『幅広い知識』が求められるのです。

より患者さまに近い現場~診療科クラーク

外来、入院、ときたら、最後はクラークです。

医療事務員のことを総称して『メディカルクラーク』といったりもするので、広い意味だと医療事務員全てがクラークになってしまうのですが、今回は『診療科クラーク』にスポットを当てます。

大きな医療機関では、大抵が診療科ごとに窓口が別個にあります。

内科なら内科の窓口、外科なら外科の窓口、という風にです。

さて、その窓口には誰が立っていますか?

そう、事務スタッフです。
ここにも医療事務員がいます。

診療科クラークは、その診療科にやってくる患者さまと密接に関わりを持つ事務員であり、また医師や看護師といった外来診療を担当する診療側とも密接な繋がりを持つ事務員です。

その仕事内容は多岐にわたります。

患者さんの予約を取ったり、診察や検査の案内をしたり、診療科に回って来る電話もクラークが初期対応をすることが多いです。

医事と言われる外来業務や入院業務は知識や専門性が求められる一方で、クラークにはより特化した『接遇力』や『コミュニケーション力』が求められるのです。

医療事務、と言ってもこれだけの違いがあります。

あなたはどの医療事務をめざしますか?