医療機関には問い合わせの電話がよくかかってきます。
意外に多いのが、受診してもいいかどうかの質問です。

「魚の目は整形外科でいんですか?」
「肩こりからくる頭痛だと思うんだけれど、内科の方がいいでしょうか?」
「子供がヤケドしたんですが、連れて行ってもいいですか?」

病院の〇〇科ってどんな科?

医療事務への問合せ~どの診療科で診てもらえばいいの?

例えば「整形外科ってどんな科なの?」と聞かれることがあります。

私自身、働くまではそうでしたから。

ケガとか神経痛とか・・・その程度、浅学ですね。

でも確かに整形外科とか外科とか形成外科とか紛らわしいですね。

患者さんが、どこに行けばいいのか迷われるのもわかります。

骨折や捻挫や腰痛、関節炎は整形外科。

外科は手術をする科のことです。
つまり脳神経外科、消化器外科、乳腺外科のようにオペをする科ですね。

形成外科は体の表面の症状や状態を治療する科。
外傷とかあざなどを治療するところですね。

総合病院ではそれぞれ独立しています。
個人の場合、看板を挙げている科が専門。

ただどこまでを治療するかは、あいまいな部分もあります。

設備や医師の技量、経験によっても違います。

私が勤めている病院(整形外科専門の個人病院)は、ほくろ除去や魚の目切除、熱傷処置などはよくあります。
簡単な腫瘍除去もしています。

骨折や脱臼の徒手整復(としゅせいふく)は慣れたもので、スペシャリストです。
ちなみに徒手整復とは切らずに、皮膚の上から治すやり方です。

でも複雑骨折だとか、人工関節などの手術は大きな病院を紹介します。
設備や要員の問題で個人では無理ですからね。

受診してもいいですか?

受診してもいいいか電話で問い合わせがあれば、まず症状をお聞きします。

医療事務で判断できれば、お答えします。
レアなケースや私達でわからないことは、先生に聞きます。

ですから、クリニックに行く場合は迷ったらまず聞いてみると良いですね。
総合病院ならどこの科に行くべきかはすぐわかります。

ケガをしたとかお腹が痛いとかですと、患者さんもそれほど迷いません。
難しいのはよくわからない時です。

「ふらつきが気になる」こんな症状の時はどうしますか?

ふらつき、めまい、立ちくらみ・・・人によって表現も違います。
細かく言えば、起こり方も度合も違いますよね。

考えられる原因も一つではありません。

脳神経かもしれないし、血圧かもしれないし、三半規管かも知れません。
同時に他の症状があるかないかでも変わります。

そういう時はとにかく内科や心療内科がいいと思います。
その後は医師の診断です。

問診の時にしっかり症状を説明することも大事ですね。
いつから、どんな風に、またどれくらい続くのか、とか。

服用中の薬があれば、それも言わなければいけません。
ふらつきや頭痛は副作用でもよくありますからね。

「私はどこへ行けばいいのでしょう?」
遠慮なく、医療機関に問い合わせしてみてください。

私たち医療事務は、内容をしっかりと聞き、医師に相談するかどうかも含め適切に判断することが大事ですね。