秋から冬は風邪の季節、インフルエンザも流行します。

ドラッグストアでも早くからマスクや除菌商品が並びますね。

私達、医療事務スタッフもインフルエンザの予防接種が始まる頃からマスク着用。
医療機関では感染予防のために着用する所が多いです。

菌をもらうことよりも、自分が媒体となって患者さんに移さないように。
抵抗力が落ちている患者さんは風邪でも重症化する可能性があります。

風邪やインフルエンザの細菌・ウイルスは冬に元気になるタイプ。
低温や低湿度で感染力が高まるのです。

昔はインフルエンザが無かった?

顔を触るとインフルエンザがうつる?

「私らの時代はインフルエンザなんて無かったよね。」
「今の人は予防予防って神経質になりすぎてんじゃないの?」

年配の患者さん同志でこんな会話もされています。
確かに現代は何もかもが清潔なので、抵抗力が落ちているのかも・・・。

私自身、子供の頃は予防でマスクしている人いなかったなあと思います。
除菌スプレーなども無かったですし。

でもこれだけインフルエンザやノロウイルスみたいな病気が流行る時代です。
必要に応じて対策はすべきなのかな、と思うのです。

小さなお子様や高齢者などは気をつけなければいけませんね。

インフルエンザの飛沫感染と接触感染

インフルエンザ等の感染には飛沫感染接触感染の2種類あります。

マスクでくしゃみや咳の飛沫感染を防ぐイメージは強いですね。
でも菌やウイルスを自分の手で運んでいることを忘れがち。

人は無意識のうちに自分の手で顔をよく触るものだそうです。

口や鼻、目など1時間のうちにも数回、多い人は十数回触るとか。
多い人なら1日に数百回にもなるそうですよ。

「え!そんなに!」
と思ってしまいますよね。

実は私も癖でよく鼻を触ります。
人と話す時に、緊張していると手がいってしまうのです。

癖じゃなくても無意識に触るらしいですよ。

小さい子供だと頻度も高いですね。
指や手を口元に近づけるとか、目をこするとか、多いですよね。

ということで、手洗いが大事と言われているわけですね。

正しい洗い方はすでに様々なところで紹介されています。

手のひら、手の甲、指の間、爪の間、親指、手首
石鹸で順番にしっかり洗います。

『もしもしカメよ~♪』を歌いながらだと、ちょうどいい長さです。
ただしあまり歌うことに意識がいくと、おざなりに・・・。

歌う速さにもよりますが、30秒くらいは必要だそうですよ。

意識し続けるのは難しいですが、顔触りは気をつけたいですね!

女性は鏡を見ながら手で顔を触る機会が多いです。

But!
触りすぎは美肌の敵でもあります。

菌が増えるとトラブルの原因になるからです。

ますます気をつけなければいけません!
健康にも美容にも・・・ですね。