地球温暖化のせいで日本の四季バランスもくずれがちですね。
夏が段々長くなっている気がします。

「おはよう、今日も最高気温は35度だって。」

「夜も寝苦しくて熟睡できないわね。」

夏、患者さんの挨拶にも必ず気温の話が出てきます。
そして暑さのせいで、不調を訴える患者さんが多くなります。

夏バテ

医療事務と夏バテ

夏の不調は、いわゆる「夏バテ」というやつですね。
これは病気の名前ではなく、不調を総合した言い方です。

症状は色々あります。
体がだるい、食欲がなくなる、吐き気、下痢、頭痛、めまいetc.

私も夏バテしてるなあ、と感じる時があります。

原因も幾つかが重なっています。

  • 汗をかくことでミネラルとか水分が出てしまう脱水症状
  • 屋外とエアコンで冷えた室内との温度差で自律神経が乱れる
  • 冷たいものの飲食で胃腸の働きが弱まる
  • 暑さで睡眠の質が下がってしまう

夏バテは夏真っ盛りの時だけではなく、夏の終わりまで続きます。

そして夏が長くなったことも関係しているのでしょう。
秋に体調をくずす人も増えていますね。

秋バテ?の症状もやっぱりだるいとか、食欲減退とか、頭痛とか色々。

また、夏に来られる患者さんで多いのが風邪です。

「ひどくならないんだけど、ずっと微熱が続くんですよ。」

夏風邪は治り辛いと言う人は多いですね。

暑い時期は余計に辛さを感じますね。
経験した人はわかると思います。

夏の風邪は夏バテにも関係しているんですよ。

免疫力が低下しているので、かかりやすく治りにくいわけです。
胃腸の働きにも影響するので、下痢になる人もいます。

「病気ってほどではないんだけど、診てもらえますか?」

ひどい症状でなくても、気になることがあれば是非受診をお勧めします。
速いうちに対処すれば、ひどくならずに済みますからね。

高齢者は特に体力もなく、栄養分が不足しがちです。
点滴や薬の処方で改善できますよ。

夏はやっぱり麦茶・・と梅干!

夏バテ対策に、最近ネットでもよく見かける「麦茶に梅干」、私も実践しています。
汗で失われる水分、ミネラル分が補給できます。

ちなみに水分だからって、緑茶とかコーヒーを飲むのはおススメしません。

麦茶はカフェインゼロですし、ミネラル成分があります。
梅干の塩分もちょうどいいですよね。

後は冷やしすぎないことも大事ですよ。
食べ物も栄養をバランス良く摂りたいものです。

この話をしていた時、ある人が言いました。

「やっぱり梅はいい!俺は最近ずっと梅サワー。」

確かにおいしいですが、それはまた別の話ですよね。
お酒はほどほどにお願いします。

熱中症予防にも水分は大事です。