医療事務の仕事に就いて驚いたことがあります。
裏事情と言うべきでしょうか、もやっとグレーな感じです。

医療事務として働き出してすぐに疑問に思ったこと。
それは先輩たち事務スタッフが薬を扱っていることです。

「こんな事聞いていいのかどうか、わからないのですけど。
薬って私達が調剤しても大丈夫なんですか?」

少し慣れてきた頃に、先輩に聞いてみました。

「うちは薬剤師の免許を持つ人がいるけれど、いない所多いよ。」

院内処方もまだまだあります

医療事務は薬剤師じゃないのに薬を扱うことがある!?

病院は医薬分業が進んでいて、院外処方が増えています。
処方箋を持って、調剤薬局で買うやり方。

でも個人のところでは院内処方もまだまだありますね。

人件費節約でスタッフも最小限でやっているわけです。
薬剤師を雇う余裕がないのもわかります。

「薬剤師がいなくても、法的にいけるんですか?」

先輩の答えは、『医師は薬を扱えるんだから大丈夫』とのこと。
でも実際に、沢山の患者さんの薬を先生自ら調剤って無理ですよね。

医師の管理指導のもと、スタッフが調剤できるという解釈なのだそうです。
何かトラブルがあれば、管理者の責任ということです。

うちの場合もスタッフが扱うケースがあります。
薬剤師が不在の時や、一人では間に合わない時とかです。

もちろん、薬剤を担当した人はサインをしますし、チェックも何回もします。
最終段階、つまり会計の時に患者さんに説明する際もカルテとつき合わせます。

薬剤の名前や分量などをチェックし、足りなければ補充もします。
もちろん先生や薬剤師の指示を得ますよ。

分包するために、数種類の薬を準備する手伝いをすることもあります。
薬剤の在庫を確認し、発注もします。

医療事務なのに調剤の勉強も…

うちでは薬剤師をサポートできるよう、医療事務も皆勉強します。

昨日今日入って、すぐに調剤などはしませんよ。
外用薬をセットする程度のことはしますけれどもね。

けれども、中には新人にも調剤させるクリニックもあるようです。
人手不足だからか、認識の違いなのか・・・。

どの程度まで医師が管理しているかは、外からはわかりません。
そういう意味でグレーな部分だと思いますね。

もしも何かあったらと思うと、ちょっと怖いです。

医療機関は患者さんから信頼されるべきところです。
薬を扱う時は、特に神経を使います。

患者さんも先生からまず薬の説明を受けると安心ですね。

「はい、じゃ薬4日分出しときます」よりも
「総合感冒薬と咳を鎮める薬は毎食後、鎮痛剤は頓服で出しておきます」

そんな風に説明されれば、わかり易いです。
薬と一緒にもらう薬剤情報ともつき合わせて確認できますね。

不明な点があれば、遠慮なく薬局や病院に聞くことをお勧めします。