女性がなりたい職業の一つに必ず医療事務は挙げられます。
国家資格等の資格が必要無いというところもいいですよね。

医療事務は女性が多いので、出入りが多いのが特徴。
辞める人や転職する人が少なくありません。

つまり求人数は多いほうと言えるのです。
これはなりたい人にとっては嬉しいことですよね。

医療事務の求人数は多いのですが

医療事務求人 採用のポイント

医療事務の求人状況は、現実にはそう簡単にはいかないことが多いです。

求人数はあるのですが、それ以上に応募する人が多いのです。
医療事務をやりたい人が、本当に多いのだと思います。

また、一つの医療機関で大量募集というのはほとんどありません。
人件費を押さえるのはどこも同じ。

求人も1,2名くらいでしょう。
競争倍率がかなり高いこともあります。

医療事務で採用されるためには

医療事務の応募者が多い中で、何を基準に採用されるの?
医療事務のスタッフとして考える、感じる採用の基準やポイントについてお伝えします。

まずは医療事務の経験

医療事務の採用基準は、まずは実務経験の有無でしょう。
即戦力になりますから、未経験者より経験のある人はやはり有利です。

「よく言われているけれど、医療事務の資格は必要?」

医療事務資格は絶対ではありません。
ですが、未経験者にとって無いよりあったほうがいいもの。

予め勉強したという実績にはなります。
やる気を見せる一つの手段ですよね。

実際、医療事務の資格は民間で種類も多いわけです。
担当者がその中身まで知りようがありません。

というよりも、資格の種類や内容に注目している担当者はほとんどいません。

「未経験でも教えてもらえるんでしょう?」

未経験でも育てようと考える医療機関はあります。
ちゃんと教育担当者がついて、教えていこうというところですね。

ですが、余裕のない所は未経験では難しいかも知れません。
特に応募者の多い病院などは、狭き門になりそうです。

「医療事務未経験だけど、資格を取って就職したい人はどうすればいいの?」

医療事務未経験で求人に応募

派遣会社に登録をして、条件に合う求人を待つのも一つの方法です。
委託でパートを置く病院は沢山あります。

医療機関によっては求人広告を出さず派遣会社と契約していたりしますね。

求人のために、ハローワークに求人票を登録する、求人媒体と契約して広告を出す。
また、応募者の書類まとめや、連絡、また面接の日時を調整するなど、求人業務は結構スタッフの手が取られます。

基本的に、人手が足りなくて求人を行うわけですから、求人の業務自体に時間を割かれることも避けたいわけです。
ですから、派遣会社に丸投げしている医療機関も少なくありません。

「派遣会社へ登録する以外に採用の道はないの?」

経験を積むために少し回り道をする方法もあります。
大きい医療機関ではなく、個人のところを探してみます。

医療機関も診療科や地域性によって、求人も色々です。

未経験でも接客に慣れているとか、事務的なスキルが高いとか、子供好きであるとか、福祉系の資格があるとか、そういうニーズもあります。

人柄や職歴、家庭環境などを採用判断にすることもあるのです。
私が勤めている職場は経験や資格より、そこをポイントに採用していますよ。

まずは未経験OKな求人を探して積極的に応募すると良いでしょう。
個人の所で受付やレセプトなど経験して、ステップアップを目指すのです。

「経験要」の求人に未経験で採用されるのは難しいですが、「未経験可」の求人は応募者が多く競争倍率が高くなるのも事実です。

一方、医療機関側としては「未経験可」で募集すると応募者が集まりすぎることもあります。
応募者が多ければ良い人を選べる可能性は高くなるものの、面接等に多くの時間を割かれてしまいます。

ですから、未経験OKと考えていても求人には表示していない病院も多くあります。
経験要とも未経験可とも書かれていない求人に、まずは問合せしてみてください。

「未経験でも構いませんので面接に来てください」という返事をもらえれば、未経験でも採用される可能性がある上に、競争倍率も低い可能性が高いですね。

「年齢は、やっぱり若い人が有利?」

かなりグレーな部分ではあります。
病院の顔としての見られ方も否定できませんね。

・頭が若い分吸収が速い
・独身の方が残業などに支障がない
確かにそういう面もあるかも知れません。

けれども、これは雇う側の考え方だと言えます。

地域の医療機関の場合は、主婦層が多いです。
若さよりも経験、医療事務の場合は大事です。

そして患者さんへの気配り、高齢者の対応などは人生経験が必要。
家庭の主婦はあらゆることに目を配る癖がついています。

同時進行で業務を行うのも、主婦的感覚かも知れません。

また、短期的には独身の方が時間の融通がききやすいですが、長期的に考えた場合、主婦の方が安定して長く働いてくれるという考え方もありますね。

未経験で医療事務に応募される方へ

未経験で医療事務に応募される方へ

医療事務に応募しても、倍率が高すぎて不採用ばかりだと言う人。
もしかすると応募している医療機関とニーズがあっていないのかも知れませんよ。

特に未経験の場合は、何をアピールするかがポイントでしょう。
希望通りのところでなくても、経験を積む場と考えて積極的に就活してください(^^)/