もう耳タコな話題ですが・・・職場の人間関係についてです。
医療事務の話をする時には、どうしても避けて通れません。

ご存じのように医療事務は女の職場です。
男性の比率はまだまだ高くはありません。

医療事務のブラックなうわさ

女性が多い職場で湧き上がるのが、様々なブラックなうわさ。

女性が群れるとグループができる。
その輪に他を寄せ付けない。
複数のグループが敵対する。

「女が集まれば、それは避けようがないね。」

ネットでも出てくる出てくる体験談。
ちょっと盛りすぎじゃないか?という酷い話もありますね。

看護師との対立図や激しい新人イジメ、お局様の横行etc.
良識ある大人のはずなのに、、、暗い気持ちになります。

「未経験の私、イジメられたらどうしよう!」

わかります、その気持ち。
新しい職場で自分はどんな風に入っていけるか、不安ですよね。

正直言うと、プライドの高い人が多いです。
プライドを持って仕事する、それは大事なことです。

けれども、経験の浅い人を下に見てしまう人もいます。

新人を困らせることで、プライドや地位を守れるのだと勘違いしている人。
そういう人の下につくと、本当に困りますよね。

ただ、皆が皆そんな人ばかりじゃありませんよ。
後輩をちゃんと育てようと言う立派な先輩もいます。

医療事務の人間関係を良好にするために

男脳、女脳と言う言葉を聞いたことがありますか?

ベストセラーになった本を私も読みました。
その中に女性の習性についての件があります。

男性は狩りをするために外へ出て、目標だけを見ている。

女は集団で待ち、情報交換をする。
衝突を避けるために、本音を隠して上手くコミュニケーションする。

説が正しいかどうかは別として、なるほどと思いました。
女性はコミュニケーションを通して、人と関わろうとしますね。

そして自分がいる輪を大事にします。
輪が乱れることが不安で嫌なんだろうと思います。

人間関係の作り方が男性とは違う。
そう考えれば、上手な付き合い方も出来るかも知れません。

例えば・・・

最初から輪の中にズカズカと無理やり入っていかない。
(隙間を見つけて、少しずつ入るようなつもりで)
コミュニケーションを取り易い人を見つける。
相手によって接し方を考える。
どんな人でもキャリアに対しては尊敬する。

ちょっとした言葉の使い方で、雰囲気も変わるもの。

私が先輩の立場になって気づいたこと

忙しくて、自分の業務でイッパイイッパイな時。
脳ミソが高速回転、余裕がない時。

そのタイミングで新人さんから、質問を受けるとしますね。
思わず、手の平でストップをしてしまいます。

「今聞く!? 一瞬待って!」(心の声)

イッパイイッパイで聞こえないこともあるのです。
意地悪ではなく、自分も余裕がないのです。

「何も教えてくれない、無視される。」

イジメと思いこむのではなく、状況を見ることも必要じゃないでしょうか。
難しいですけれどね。

優しい先輩、尊敬できる人もたくさんいます。
ポジティブに良い人間関係を築いて欲しいと思います。