職探しをする時、待遇面は重要なポイントになりますね。
特にお給料は大事なところでしょう。

医療事務のお給料はどらくらい?ボーナスは?時給は?
一般事務と比べて給料は高いの?安いの?

そして、労働対価を考える人もいるはずです。
労働の内容にお給料は見合っているかどうかですね。

「楽な仕事で沢山稼ぎたい」は甘いとしてもそれなりにあるかどうか。

「こんなに重労働なのに、割に合わない。」

割りに合わない仕事だから辞める、というのも離職の理由で多いです。
今風に言えば、コスパが悪いと言うことでしょうか。

医療事務の離職理由で多い給料のコスパ

医療事務の給料 高い?安い?

実は医療事務の離職でもこのパターンが多いようです。

  • 覚えることが多い(多すぎる)
  • 人間関係が大変
  • 残業がある
  • 朝早い、帰り時間がバラバラ

専門的な知識を要する割りには、普通の事務と同じ待遇。

そうなんです、医療事務では高いお給料は期待できません。

お医者さんはご存じのとおり、高給です。
看護師さんも一般に比べたら、高い方だと思います。

職場の看護師さんを見ると、要求される知識や技術、責任感それに体力。
まだまだコスパが良いとは言えないと思いますが・・・。

医療事務は一般事務より専門性が高く、内容も濃いと思います。
ハードワークも多いし、だから決してコスパは良くありません。

正社員でも年収は高くないですし、多くは派遣やパート勤務です。

扶養家族がいる人は大変だろうなと思います。
もちろんキャリアを積んで昇進することも可能ですが。

医療事務のお給料以外の魅力

医療事務の給料が高い安い以外の魅力は

お給料に見合わないと思いつつも辞めないのは何故?

  • パートで収入が得られれば、それで良しと考えている人
  • 待遇よりも勤務時間や勤務地で選んでいる人
  • 家庭と両立できるような融通性を好む人

つまり、それ以外の所で納得しているということです。

そして皆やりがいを感じているからだと思います。
やりがい無くて、割りにも合わなかったら・・・

それはモチベーションも下がります。

高いお給料は見込めなくてもやりがいがあるから、辞めないのです。
他の人もきっとそうだと思います。

あくまでも個人の意見です。
実際はわかりません。

医療機関にもいろいろありますし、探せばコスパの良い所もあるでしょう。

仕事量も医療機関によって違いますしね。

楽なところもありますし、人数が少なくて仕事量が多い所もあります。
残業の有無も職場や部署によって違いますから。

労働対価ははっきりした物差しがないので、曖昧ですよね。
やりがいを感じられるかどうかも含め結局は本人次第という部分も多いですね。