医療事務と一般事務の違いはなんだと思いますか?

職場が医療機関であること・・・簡単に言えばそうですね。
それもそうですが、内容的にも大きな違いがあるのです。

一般的に事務作業とは、電話応対や資料収集、書類作成、来客応対に集計作業etc
仕事の幅が広くて、大事な部署ですね。

PCのスキル、ビジネスマナーなども必要です。

医療事務でも事務処理能力はとても重要です。

雑多なお仕事をテキパキ処理していかなくてはいけません。
患者さんを始め、色々な人と対峙するのでマナーも大事。

「自分は事務経験もあるし、スキルもあるので向いているのでは・・・。」

そう思って就職を希望する人も多いと思います。
医療という専門分野で、やりがいがありそうなイメージですね。

医療事務と一般事務の大きな違い

では、一般事務との大きな違いとは何でしょうか?

それは「責任の重さ」。

私が職に就いて実感したのが、この重さなんです。
事務職ですが医療の場合、人の命と直結しているということ。

「医師や看護師ならわかるけど、事務なのにそんなに関係あるの?」

普通はそう思うと思います。
私も働き出した時には、まだそこまで意識は無かったです。

医師、看護師、薬剤師、技師みんな国家資格を有しています。
医療機関、つまり人の命を預かる所はそういうプロ集団のいる所です。

そんな中で、唯一国家資格ではないのが医療事務。
資格と言っても民間のものですし、無くても働ける職種です。

けれどもプロの集団の中で同じように働くわけですよね。

私も働くうちに段々意識が変わりました。
私達医療事務にも同じくらい責任の重さがあるということ。

誰かのミスひとつで、患者さんの症状が悪化することも有り得ます。
電話応対の無責任な一言が、重篤なケースに繋がる可能性もあります。

医療事務の責任

以前こんなことがありました。

混んでいる時間帯で待合室も満席状態の時です。
再診の顔見知りの患者さんが、座った状態で居眠りをされていました。

そんな風に見えました。
長い時間待っている間にうつらうつらされる人もいますから。

受付も大忙しで、受付や会計、カルテ出しなど目まぐるしいです。
その合間にも待合室の状況などを見なくてはいけません。

と、そこでその患者さんの様子がおかしいことに気づきました。

あまりに長く同じ姿勢でうなだれているからです。
周りがざわついている中、そこまで爆睡するのも変かな?と。

看護師さんに伝えて、見てもらったところ・・・。
患者さんは意識が低下していることが判明。

即先生が対応し、救急搬送になりました。

医療事務のお仕事が患者さんの命に関わることを実感した出来事でした。
他にも色々実感することがあります。

医療事務は事務職ですが、意識の強さと言うのでしょうか。
働いてみて、大きく変わったなと思いますね。