医療事務のお仕事をしてみたいと思っている人は多いでしょう。

一般の事務よりも専門性も高いので、魅力があります。
そこで気になるのがやはり収入ですよね。

「普通の事務よりやっぱりお給料はいいんでしょ?」
おそらくそんなイメージを持つ人は多いでしょう。

医療事務をお仕事にしている人の働き方は様々です。
人によって勤務時間や収入もバラバラです。

医療事務正社員の場合

医療事務のお給料は?高収入?

正社員で働く医療事務は総合病院など規模の大きな病院がほとんどです。

病院によってまた地域によって賃金に差があります。
大卒で初任給が18万円くらい、高い所で20万円くらいが相場です。

医療事務だからと言って特別高給ではないですね。

ただ正社員はボーナスや退職金があり、各種保険も完備しているので安心です。

産休や育休が取れることや、日曜祝日が休みであることも女性には働きやすいですね。
結婚や育児で一旦離職した人も、キャリアがあると再就職にも有利でしょう。

医療事務の派遣社員の場合

大きな病院では正社員ではなく派遣社員が医療事務をしていることもよくあります。

派遣の場合は時給制が多く、1000~1500円くらいで一般の事務と変わりません。

これも経験により差があります。
未経験よりは資格のある人、また資格よりも実務経験が長い人が高くなります。

派遣社員のメリットは自分の希望する条件で勤務先を選べることです。
勤務時間もフルタイムから短時間まで様々です。

また職場との交渉や相談事などは派遣会社が間に入ってくれることもメリットです。

ボーナスや退職金は望めなくても自分に合った職場を紹介してもらえるのは嬉しいです。

医療事務ではレセプト作成の期間だけ派遣を頼むという場合もあります。
私の知り合いにもレセプト要員として、月末月初のの10日ほどだけ働く人がいますよ。

医療事務でパートタイムの場合

現在医療事務のお仕事をしている人で一番多いのがパートです。

病院もパート勤務が多いですし、診療所はほとんどがそうです。
午前と午後、夜間など診療時間が分かれていることもシフト勤務に向いています。

スタッフの数やシフトなどは医療機関によって違います。

時給は決して高いほうではありません。
相場は800~1200円くらい、地域によってもう少し幅もあります。

「資格を取るのに受講料払ったのに?普通の事務と同じなんて・・・」

残念ながら医療事務は専門性が高い割には、高収入にはならないのです。

専門的と言っても国家資格ではないし、どんな人でも少し頑張れば資格は取れます。

また資格の有無よりも実務経験がものを言う世界だということもあります。
パートでも経験が長くなれば時給もそれなりに高くなる場合もあります。

主婦のパートが多いのは自分に合った働き方を選べるからです。
子供が小さい間は短時間勤務にする人もいます。

土日や年末年始が休めるので家庭と両立させやすいですね。
労働時間や収入によっては社会保険や年次休暇がある場合もあります。

「収入は少なくても職場の雰囲気がいいし、自分のためになることも多いから」
「ホントはもっと欲しいけれど、融通がつく職場だからこれでいい」

実際に働いている人の声はこういう感じですね。