病院だけでなく歯医者にも医療事務は必要です。

受付やカルテ管理、会計をしているのも同じですね。
では一般の医療事務と歯科の医療事務、どこか違いがあるのでしょうか。

歯医者の医療事務のお仕事内容は?

歯医者でする医療事務の仕事内容は?病院の医療事務との違い

医療事務のお仕事は歯医者でもほぼ同じで、受付や会計、カルテ管理、レセプト業務が中心です。

個人の診療所と同様、掃除や雑務もあります。
歯科でも特別資格が必要なわけではないので、未経験で始める人もいます。

「病院では忙しそうだけれども、歯科医院は楽そうに見える・・」

歯科医院の場合は個人経営がほとんどで、予約制をとっていることが多いですね。

患者さんが待合室にあふれている、という風景も見られません。
医療事務のお仕事で考えると、忙しく動き回るということは少ないでしょう。

とは言っても受付のお仕事は決して楽ではありません。

予約制でも治療時間によって臨機応変に対応しなければいけません。
保険適応外の治療があることも、歯科の特徴ですからレセプトも複雑になります。

そしてもう一つ特徴があります。

医療事務と歯科助手を兼任?

「受付ならびに歯科助手」歯科の求人によくある条件です。

歯科医院には医師と歯科衛生士、歯科助手がいます。

国家資格である医師と歯科衛生士と違って「歯科助手」というのは補助をする人なので資格は不要です。
ですから医療事務が歯科助手を兼任するケースがとても多いのです。

私が初めて医療事務をしたのは歯科医院でした。
事務のつもりで面接を受けたのですが、助手の仕事もあると言われました。

「資格がなくてもできるんですか?」と思わず聞いてしまいました。

あくまでも補助的なお仕事です。
医療器具の準備や片づけや消毒、後は患者さんを誘導することなどです。

治療とか歯科指導などの行為はできませんから。

実務経験はとても勉強になったし、予防歯科への意識も高まりましたよ。
ただし覚えることも多いので、決して楽なお仕事ではありません。

歯科医療事務の資格はある?

歯医者でも医療事務の求人は多いです。

歯科に興味があって、医療事務をしたいという人もいるでしょう。

「資格を取りたいけれど、歯科の医療事務資格ってあるの?」

歯科の基礎知識やレセプトなどを予め勉強しておくことは、実践に役立ちます。

ただ歯科に限定した医療事務資格試験というのはありません。
資格を取りたい場合は医療事務試験で歯科を選択できるものを選んでください。

医療事務管理士技能試験、医療事務技能審査試験、診療報酬請求事務能力認定試験などです。

実務経験があるほうがやはり就職には有利ですが、資格があるとアピールできますね。