医療事務は女性が働きやすいお仕事です。

勤務形態や勤務場所、勤務時間など選択肢が多いからです。
全国どこでも基本は同じであることもメリットですね。

結婚、出産、引っ越しなどで転職や再就職する人も多いです。

経験がある人はより働きやすいと言えます。

ではシングルマザーの人にとってはどうでしょうか?
仕事と育児の両立を考えた時、医療事務のお仕事は向いているでしょうか。

医療事務のメリットとデメリット

医療事務とシングルマザー メリット・デメリット

シングルマザーの人が医療事務をする場合のメリットは何でしょうか。

うちの診療所を例に挙げて考えてみます。
うちにはシングルマザーの看護師さんがいます。

看護師と医療事務では条件は違いますが、共通するメリットがあります。

それは「周りの協力態勢」です。
スタッフはほとんどが主婦、そしてお母さんも多いです。

同じ母親として、全てではありませんが理解はできます。
お互いさまと言うことで、協力する気持ちが強いと思います。

子供が急に熱を出すこともありますね。
欠勤や保育園からの連絡で早退、ということもあります。

スタッフが一人欠けるのは大変ですが、誰も文句は言いません。

また病気やケガの時に、すぐ診てもらえるのもメリットですね。
これは診療所のスタッフの役得でもありますけれど。

では反対にデメリットは何でしょうか。

まず一番の問題は収入です。
シングルマザーにとって経済的な不安は大きいと思います。

当の看護師さんも不安だと言っていました。
医療事務は看護師に比べてはるかに収入は少ないのです。

自分ひとりの収入で生活するとなると、パートでは無理でしょう。

勤務時間も難しい問題です。

朝は早いですし、夜遅くなったり残業があったりします。
やはり定時で勤務出来る方が都合はいいですよね。

子供との時間をどう確保するかも親としては悩みどころです。
これは医療事務に限らずですけれど・・・。

シングルマザーは働く環境を整えること

デメリットはありますが、環境さえ整えば無理ではありません。
つまり勤務形態などの職場環境と育児環境ですね。

各種保険のある正社員であれば、安定しています。

レセプト業務の残業など勤務時間もクリアできれば大丈夫です。
例えば、クラークや秘書であれば、レセプトは不要です。

子供の年齢にもよりますが、預ける場所やサポート体制も大切です。
自分の勤務時間と保育時間をどうするかですね。

うちの看護師さんは保育園とファミリーサポートセンターを利用しています。

ファミリーサポートセンターは市町村が運営している制度です。
育児や介護と仕事を両立させる目的で、会員同士が助け合うしくみです。

デメリットだけ見れば厳しいかも知れません。

けれども自分の意志と難しい条件をクリアできれば、頑張れると思います。