医療事務は職場の種類も働き方もいろいろあります。

選択肢が多いほうが探すほうも嬉しいですね。

医療事務が女性に人気がある理由の一つにもなっています。

医療事務が働く場所

医療事務の働き方はいろいろ

主に病院や診療所、他にも介護施設や調剤薬局でも医療事務は必要です。

病院と呼ぶのはベッド数が20以上あるところ、19以下や入院設備のないところは診療所と言います。

クリニックとか医院とつけられているのは診療所です。

大きな規模の病院では診療科も多く働く人の数も多いですね。

医療事務の仕事もそれに合わせてでスタッフは多いです。
そして受付案内、会計、レセプトなど細分化されていることがよくあります。

診療所の場合は人数は少なくて、受付もレセプトもすべてをするケースがほとんどです。

少人数でやっている所では看護師さんのお仕事の一部を手伝ったり、先生のサポートをすることもあります。
もちろん法的にできることだけですが。

求人は受付案内業務とかレセプト業務と言ったように専門的に募集することもあれば、全部の業務をする医療事務スタッフとして募集することもあります。

医療機関によって色々あるというわけです。

医療事務の働き方

雇用形態も正社員・派遣社員・パートタイム・アルバイトなど色々あります。

規模の大きな病院では医療事務も男性が正社員として勤務している人がいます。

診療所ではパートタイムで働く医療事務がとても多いです。
午前と午後、診療時間に合わせてシフト制になっていたりします。

医療機関ですから午前診療は8時30分からとか9時からというところが多いですね。
それよりも早い出勤時間になるのも医療事務の特徴です。

女性が多い職場ということは、それぞれの生活スタイルに合わせた働き方ができるからなのです。

結婚や育児などで環境が変わっても、無理のない勤務時間を選ぶことができるのは良いことですね。

「私は朝子供を学校へ送り出してすぐに出勤、子供が帰る頃には帰宅しています。
週に4回、午前勤務だけですし学校行事の時は予め申し出て他の人と代わってもらっています」

主婦の方が多いですので、子供についても理解が得られやすいですね。

家庭とうまく両立させて働くことは十分可能です。

お仕事の探しかた

求人の情報はハローワークや新聞、地域のフリーペーパーの求人欄、求人誌、インターネットの求人情報サイトなどに掲載されています。

医療専門の情報サイトもあって件数も比較的多いので探しやすいですね。

勤務地や勤務形態、時間などで検索できるので便利です。

お仕事内容をチェック!!

大事なポイントです。

お仕事内容が具体的に書かれているかどうか確認してください。
思っていた内容と違っていた、と言う理由で辞めてしまう人も案外多いのです。

「受付案内と思って応募したのに、実際にはコンピューターとかレセプトとか仕事が多かった。」

わからなければ問い合わせるなどして、ちゃんと把握しておきましょう。