医療事務の仕事に対するイメージはどのようなものですか?

医療事務は忙しくて大変というイメージを持っている人もいますね。
受付や患者さんへの応対や諸々の事務作業、そしてレセプトも大変そうです。

やっている本人が大変そう、というのも変な話ですけれども^^

仕事量は医療機関によりけりですから、一概には言えません。

医療事務でなくても、どの分野でも大変なことはありますよね。
ストレスも少なからずあるはずです。

私も長くやっていて慣れてはいますが、ストレスはあります。
医療事務経験者なら、多分共感してもらえるのではないかと思います。

受付で対患者さんから受けるストレス

医療事務受付のストレス

医療機関では色々な患者さんを相手にするので、難しいです。
健康な人と病を持った人との違いもあると思います。

毎日とは言いませんが、クレームはよく受けます。
相手がわがままを言っていても、低姿勢でいなければいけません。

穏やかに解決できるように、努力するエネルギーが必要ですね。

受付や会計ではトラブルのないように、相手によって臨機応変に対応します。
当たり前のことですが、ストレスを感じることでもあります。

患者さんへの気遣いはわずかずつでも、ストレスにつながるかも知れません。

職場の人間関係から受けるストレス

医療事務の離職の原因が人間関係ということも多いですね。

「患者さんのクレームもだけど、それより職場内の関係が難しい。」

医療事務の上司や同僚、看護師、医師など関係性を築くのは大変です。
プライドのぶつかり合いがストレスとなり得ます。

連携ができていれば、働きやすいのですが。

特に受付は医師や看護師へのクレームまで受けることもありますね。

「こっちは診療が大変だから、細かいクレームはそっちで適当に処理して。」
「専門的なことまで、口出さないで。」

看護師や医師がこんな風だと、ストレスは溜まりますね。

私は幸いそういう嫌な思いはしたことはありません。
たまにぶつかることはありますが、大きなストレスにはなっていないです。

医療事務のハードワークから受けるストレス

医療事務仕事のストレス

忙しいことからストレスになる場合もあります。

例えば、レセプト作成の時期ですね。
残業や休日出勤で、プライベートが犠牲になることもあります。

私も何度か嫌な思いをしたことはありますよ。

プライベートで約束があるのに、レセプトの修正で想定外に時間がかかった時。
パソコントラブルがあって、帰宅後にまた呼び出された時。

通常の業務以外に担当する仕事があると、それも大変です。

私は福祉関係や労災なども担当しています。
受付+レセプト+担当業務の山、かなりパニックになることも^^;

ストレスは感じ方も解消の仕方も人それぞれです。
体調に気をつけて、うまくストレスと付き合わなければと思います。