医療事務には色々な業務があります。

受付や案内業務もありますが、やはりメインは事務作業です。
そこで気になるのはパソコンスキルの必要性についてですね。

「パソコンは普段メールとネットだけなんですが、大丈夫でしょうか。」

「求人にワードとエクセルと書いてありますが、どの程度求められるのでしょうか。」

苦手な人にとっては心配ですよね。

レセコンてどんなもの?

医療事務のパソコンスキルとレセコン

医療事務で主に使っているのが医事ソフトです。
医事コンピューター、レセコンなどと言います。

診療報酬明細を自動計算するためのソフトのことですね。

診療内容は全てコード化されていて、コード入力すると会計できるシステムです。
医療事務はカルテの内容を読みとってコードを入力するわけです。

覚えているコードをサクサクと打ち込めれば、会計も早いですね。

ただレセプトは複雑で、手動で項目を消去したり加えたりも必要です。

「この手術はどのコードだったかな?同時算定は不可だったかな?」

わからない時には点数表で確認し、またコードを探したり・・・。
たまに時間のかかるケースもあります。

医療機関が採用している医事ソフトによって、コードも違います。
ですから、経験者でも他のソフトに変わるとちょっと戸惑います。

結局は診療内容を理解して、コードを覚えれば出来ることです。
パソコンできなくてもいいですよ、と言う医療機関もありますから。

レセコンはほとんどの人にとって初めて触るソフトなので、パソコンスキルはあまり関係ないかもしれません。

ただ、パソコンのオン・オフやコピー・ペーストくらいは知っている方が良いと思います。
普段から慣れている人なら覚えも早いし、応用も利きますからね。

医療事務でワードやエクセルは使わないの?

医療事務のパソコンスキルとエクセル

レセコンはコードだけではありません。
患者情報などでワード機能は使います。

さらに言うと医療機関によっても違ってきます。

秘書的な業務でエクセルでスケジュール管理をすることもあります。
ミーティング資料や患者向けの案内をワードで作ることもあります。

ホームページを作っている病院も多いですね。
ホームページ自体の制作や更新は製作会社さんが行いますが、ホームページの中身の情報や案内は私たちがワードやエクセルで作成しています。

また、うちの診療所では掲示板用のお知らせを作ったりします。
休診や予防接種実施のお知らせ、予約に関すること等々です。

基本的にパソコンに慣れたスタッフが担当していますが、やはり今の時代パソコンでする作業は多いですね。

パソコンを触ったことがない、というのはマイナスポイントになる可能性があります。

これから医療事務として働きたいと思うなら、準備しておきましょう。
パソコンスキルは医療事務以外にも活用できますら、苦手な人は1回教室などで学んでおいても良いかもしれませんね。

ワードとかエクセルの基本ができるようになれば心配は要りません。