医療事務に関する資格講座は沢山ありますね。
その中に「調剤薬局事務」というのも目にします。

あまり聞きなれない言葉かも知れませんね。

調剤事務とはどんなお仕事をするのでしょうか。

街に増えている調剤薬局

医学の分野では医薬分業化がどんどん進んでいます。
わかり易く言うと、医師と薬剤師の仕事をちゃんと分けるということです。

医師が必要以上にお薬を売らないように・・・。
それぞれの専門性を上げて医療の質を上げよう・・・。

理由は色々あるようです。

病院で診察して、患者さんは処方箋をもらいます。
それを持って、病院近くあるいは家の近所の調剤薬局で薬をもらうのです。

処方箋は医師が指示したものでなくてはいけません。

大きな病院付近には複数の調剤薬局があります。
患者さんが多ければ、そこでも待ち時間があったりしますね。

駅の近くや住宅地などにも薬局は増えています。

ドラッグストアでも処方箋受付のカウンターを見かけます。
調剤薬局が増えると、それだけスタッフも必要となります。

調剤事務のお仕事とは?

薬剤師のサポートをし、事務全般を行うのが調剤事務です。

主なお仕事は受付、会計、電話応対、PC入力、データ管理、レセプトなど。
掃除やその他雑用もします。

いわゆる医療事務とやっていることは大きくは違いません。

カルテに代わる薬歴データ(処方記録)の管理もしています。
患者さんの顔を覚え、一人一人適切な対応が必要ですね。

レセプトは調剤報酬明細書というものです。
診療報酬明細書とは異なるもので、薬剤に関することに絞られます。

調剤事務は医療事務より簡単?

医療事務の場合、医療機関によって業務に幅があります。

その点、調剤事務は職場が調剤薬局なので、お仕事的にはあまり変わりません。
忙しさは場所によって違いますけれど。

一般の医療事務より覚えることは少ないかも知れません。

ただ医学の知識が必要ないかと言うと、そんなことはありません。

どんな病気にどの薬があるか、効能、副作用など覚えることは沢山です。
保険証や保険請求に関する知識も医療事務と同じです。

病気の患者さんを相手にする難しさも同じです。
質問やクレームなどもありますね。

忙しい場合、残業をしなくてはいけないこともあります。

「医療事務か調剤事務、できれば楽な方に就職したい」
と考えるなら、両方止めた方が良いでしょう。

どちらも患者さんの健康に関わる責任あるお仕事です。
楽なことは絶対に無いです。

調剤薬局に就職希望の人は医療事務や調剤事務の勉強をしておくことがやはりおすすめです。
求められる人材は明るくて、前向きで、経験のある人・・ですかね。