医療事務のお仕事は病院によって内容は違うのでしょうか。

規模の小さな医療機関では、医療事務は言ってしまえば何でも屋さんです。

そして規模が大きくなれば、業務は細分化される確率が高くなります。
事務、秘書、クラーク、病棟クラークなどに様々に分かれています。

医療秘書とは?

医療事務 医療秘書

医療秘書も医療事務の一つですね。
一般的な秘書と違って、医学の知識が必要だからです。

お仕事の内容は病院によって異なります。
医師のスケジュール管理や来客応対、予約管理やデータ整理、学会の同行etc.

看護秘書というのもあって、業務の管理やサポートなどをします。

秘書的な業務は病院の規模が大きくなればニーズも増えるということですね。

医師事務作業補助者という呼び方で、病院への報酬加算も制度化しました。

受付案内やレセプトと言った医療事務のお仕事と少し違います。

求人で医療秘書とある場合は、受付やレセプトをしないこともあるわけです。
資格講座の中にも医療秘書技能検定医師事務作業補助者試験もありますね。

クラークとは?

医療事務 医療クラーク

クラークには色々な呼び方があります。

医療クラーク、メディカルクラーク、病棟クラーク、外来クラークなど。
意味としては事務作業の補助ということですが、実際はもう少し複雑です。

私の知り合いで総合病院の外来クラークをしている人がいます。

一人の医師について、患者さんの呼び出しやカルテの管理、他の科との連絡などをしています。
医師の指示で書類の作成を補助することもあるようです。

簡単に言えば患者さんと医師とを繋ぐ役割になります。
入院患者さんが対象である場合は、病棟クラークと言うことですね。

もちろん医療事務としての知識は基本必要となります。

医学の知識はもちろん、患者さんの応対やレセプト関連の知識もですね。
ただレセプト請求には直接関わらないこと場合が多いです。

医療機関によって求める人材は違います。
レセプトができて一人前とする医療機関もありますね。

経験プラス医療事務の資格勉強などで全般の知識があれば、クラークに転職してもそうは苦労しないと思いますよ^^