医療事務に向いている人、不向きな人ってどんな人でしょうか。

それを考える時にはお仕事の中身を知らなければいけません。

レセプト業務やカルテ管理、医事コンピューターなどは事務的業務です。
受付や会計、患者さんや家族、医療関係者への応対は人相手ですね。
秘書的な業務もあります。

大きく言えば事務職ですが、他の職種も混じっている感じです。
医療機関によってはそれぞれ専門にしている所もあります。

ここでは大きなくくりでの医療事務について考えてみましょう。

医療事務にはどんな性格が向いている?

病気の人や不安を抱えている人が集まるのが医療機関です。

その人達と向き合う受付や案内のスタッフが暗い人ではダメでしょう。
明るくて優しい人でなければ絶対に無理です。

少しでも患者さんの気持ちを和らげて、困った時にサポートするのが医療事務です。
人と話すことが好きで、相手の気持ちを考えられる人は向いていますね。

また仕事仲間や医師、看護師との連携も大事です。
協調性がなければ、人間関係も悪くなります。

事務的なことで言えば、几帳面で応用性があって処理能力のある人が向いています。

仕事は正確かつスピーディーにが原則です。
慣れないうちは大変でも、向上心があれば大丈夫でしょう。

自分に合う職場かどうか?

向いているかどうか、働く環境に自分が合っているかでも違ってきます。

以前、一緒に働いていた人が、腰痛が悪化して退職たことがあります。
うちの診療所はかなり忙しく、彼女にとってはハードワークだったのです。

どこに就職するかも大事なポイントです。

小児科や子供の患者さんが多いところなら、子供好きであることは強みですよね。
スキルアップを目指している人なら、そういう環境の整っている病院がいいでしょう。

自分に合っているかどうかは大事ですよね。

医療事務をコスパで判断するなら?

医療事務はかなり専門性の高いお仕事です。

覚えることも多くて、内容も濃いです。
でも国家資格ではないし、お給料はそれほど高くはありません。

一般的な事務職と変わらないのではないでしょうか。

「患者さん相手は疲れるし、覚えることも多すぎる、その割りに時給が安い。」

コスパ的な理由で辞める人は、不向きだったということです。

仕事の選び方は色々あると思います。
医療事務に向いているのは、収入よりもやりがいや専門性を求める人でしょう。