医療事務ではレセプト作成や受付業務、カルテ管理が主な仕事です。

そして忘れてならないのが、患者さんへの応対です。
「接遇(せつぐう)」という言い方もされます。

また一般の事務職と同様に各種書類の作成や管理、他機関への連絡業務、医師の秘書的な業務や雑用などもあります。
知識だけではこなせない様々なお仕事があるということも覚えておかなくてはいけませんね。

誠意ある応対で仕事をスムーズに!

医療事務のお仕事内容~接遇から秘書までマルチな活躍

受付は病院の顔です。
病院の口コミサイトなどでもよくスタッフの対応について書かれることがありますね。

「あそこのクリニックは先生はいい人なんだけど、受付の人が不愛想で最悪」
「清潔な病院でスタッフも皆親切で、かかりつけにしています」

サービス業などは接客の仕方を厳しく指導されたりしますが、医療機関も同じです。

病気やケガで心身が弱っている患者さん相手ですから余計に気配りをして、対応しなければいけないのです。
質問を受けたら誠意を持って答え、患者さんが持っている不安を少しでも軽くすることを考えます。

医療事務の仕事ではクレームを受けることもよくあります

「もう1時間以上待っているのに、どうして呼ばれないんですか?」

総合病院など規模の大きいところでは受付番号などもあり、患者数が多いのである程度患者さんも理解されています。

それでも痛みや不調を抱えて待っている患者さんにとっては、待つ時間というのは本当に長く感じるものですね。

受付けてからの治療の流れは人によって違います。

それを理解してもらうように誠意を持って説明することで、患者さんのイライラを何とか少なくしてもらうよう努めなければいけません。

電話応対は丁寧かつテキパキと

電話応対も大事な医療事務のお仕事です。

新入社員が外部からの電話をドキドキしながら受ける、というあるあるパターンは医療事務でも同じです。

行政、製薬会社、保険会社、患者さんやその家族からなど内容も幅広いですから緊張しますね。

重要な事務連絡はテキパキと対応しなければいけませんし、患者さんや家族からの質問には丁寧に答えなければいけません。

診察時間や内容についての問い合わせ、処方した薬の内容に関する質問、患者さんの家族からの相談、中には体調の不良を切々と訴える患者さんもいます。

医療事務が答えるべき内容は答え、医師や看護師に取り次ぐべき内容はそのようにと判断することも必要です。

一つの電話に長くかかっていては業務に差支えますから、臨機応変にテキパキとしなくてはいけません。
顔が見えない分より神経を使うお仕事ですが、これも経験を積むことで慣れてきます。

先生、書類がたまっています!

医療機関で扱う書類は色々あります。

介護制度の主治医意見書、紹介状、診断書、各種証明書、患者情報提供書類、労災関連書類・・・。

医療事務でできる内容と、医師が処理するものに分けて滞りなく対応していきます。

先生のお仕事は診察だけではなく、こうした書類の作成などもたくさんあるのでとても忙しいわけです。

各方面への書類提出が滞ることのないようにサポートすることも医療事務のお仕事なのです。

他にも患者さんの家族や各機関の面会のスケジュール管理、往診の確認など医師の秘書的なお仕事もあります。

病院の規模にもよりますが、医療事務というのはマルチタレントのようですね。

▼医療事務の仕事内容はこちらでも紹介しています。