花粉症にお悩みの方多いですね。

幸いなことに私は花粉症ではないので、ヒトゴトな感じです。
でもいつ発症するかはわかりませんよね。

もしかしたら今シーズンデビューするかも・・・。

うちの診療所にも花粉症の患者さんがいます。

耳鼻科の看板は挙げてはいませんが、投薬治療はしています。
他の持病で通院しながら、ついでに花粉症もという人が多いですね。

花粉症のシーズン

スギやヒノキなど2月くらいから症状の出る人が多いですね。
それ以外の植物もあるので夏まで続く人もいます。

春はそれほどでもなくて、夏から秋がひどい人もいますね。
ブタクサなどがアレルゲンでしょうか。

うちでも血液検査はできるので、アレルゲンを調べたい人には検査をします。
専門科では皮膚反応や鼻、目の粘膜でも検査をしています。

先生は花粉症ではないのですが、スタッフは3分の1が花粉症。

人によって対処もそれぞれです。
うちで扱っている薬をもらう人、耳鼻科でレーザー治療する人、色々います。

「○○さん、どうしたんですか?目大丈夫ですか?」

「あ、私ね秋花粉でね、毎年こうなの。」

花粉症でもキャリアのある先輩は、目がスゴイ状態になります。
新人で初めて先輩を見た時には驚きました。。。

彼女の場合は目が充血して瞼も腫れてしまうのです。
目だけにとどまらず顔もちょっと赤く腫れているような・・・。

彼女は以前耳鼻科で処方されていた薬と同じものをうちでもらっています。
目薬も抗ヒスタミン剤のものがあるので、飲み薬と併用です。

花粉症対策

春先には花粉症スタッフが皆鼻水やくしゃみと格闘。

ここだけの話、鼻にティッシュを詰めている人もいますよ。
マスクでカバーしているのでバレてませんけれど。

熱っぽくなることや体がだるくなることもありますね。
本当にお気の毒だと思います。

ある日、出勤してきた同僚が私に言いました。

「これ見てー、新兵器!」

「え?何が?どこが?」

「ここ、鼻の穴のところ見えない?」

見ると透明のゴムみたいなのが鼻先にあるだけです。
ノーズマスクと言って、小鼻の中に小さなフィルターを差し込むものでした。

二つのフィルターを繋ぐ部分が表に少し出るだけです。

マスクと同様に花粉などの粒子をシャットアウトするそうです。
朝から入れておくと鼻水が出ないので、とてもイイみたいです。

「鼻にティッシュはもう卒業、これいいよー。」

他の花粉症スタッフにも勧めていました。

花粉症対策グッズも色々進化しているんですね。
花粉症じゃない私も知識が色々増えていきます。

医学的治療とグッズで皆さん乗り切って下さいね。