骨粗鬆症の予防についてはもう何年も前から言われていますね。

高齢になるとカルシウムやビタミンDなど骨のもとになる栄養が不足します。
また女性はホルモンの減少も原因のひとつです。

若い頃から運動不足だとか、日に当たる時間が短い人も注意しなくてはいけません。

生活習慣にも関係してきますね。
お酒の飲みすぎとか喫煙、食生活とかですね。

骨粗鬆症で骨折!?

最近よくあるのが骨粗鬆症が原因で起こる圧迫骨折です。

「いつの間にか骨折」という呼び方もありますよね。
本人は気づかないうちに、脆くなった骨が折れているということです。

脊椎圧迫骨折は背骨が押しつぶされたような骨折です。

人によって痛みの度合も違い、背中や腰が寝起きで痛むという人もいます。
安静治療というのが一般的で、コルセットで固定することもあります。

高齢者は尻もちをついたり、くしゃみでも圧迫骨折を引き起こす可能性があります。

手をついて骨折する患者さんもいますよ。

「手首が痛いので診て欲しいんですけれど。」

「左手首ですね。どうかされましたか。」

「今朝ね、庭掃除しててね、よろけて花壇の淵にちょっと手をついたんです。
それから段々痛くなって腫れてきたからおかしいなと思って。」

見て腫れがあるのがわかりました。

カルテには橈骨遠位端骨折とあり、ギプス固定術という処置でした。

手をついただけで、と思いますが骨が脆くなると十分にあり得ます。

患者さんではないのですが、ご近所さんがそうでした。
転んで手をついたら、折れてしまったそうです。

骨粗鬆症は治療できます

今は骨密度を測る検査もありますし、レントゲンでもわかります。
骨密度は外からではわからないですから、機会があれば測ってみると良いですよ。

骨粗鬆症と診断されたら飲み薬や注射で治療します。

カルシウムの吸収を良くするもの、女性ホルモンを補うもの等があります。
他にも食生活の注意点や運動なども先生がアドバイスをしています。

今は大丈夫と思っていてもやっぱり女性は意識しなくてはいけませんね。
私もカルシウムやビタミンD、ビタミンKなど積極的に摂ろうと思っています。

後は日光に当たるのも大事ですね。
紫外線対策もやりすぎると骨にはマイナスになってしまいます。

日焼けやシミの元になりますが、紫外線は骨には必要。

少し散歩する程度でもいいそうなので、外を歩きましょうね。