医療事務のステップアップ

まずは窓口から

どんな現場にも必ず下積みがあるように、医療事務の現場でもそういったステップアップ(階段)があります。

病院やクリニックで医療事務を始めた場合、まず経験をするのは受付窓口です。
勿論、例外はあるでしょうが、ほとんどは受付から覚えることになると思います。

医療事務コンピューターの操作に慣れる、という意味でも、患者さまがまず最初にやってくる窓口での仕事を覚え、新患のカルテを登録する作業を覚えることを、新人の第一歩としている医療機関は多く、私が勤務している医療機関でもそうでした。

ですが、医療事務は『窓口に始まり、窓口に終わる』仕事なので、患者対応の是非や保険知識の基礎など、勉強できることはとても多いと思います。

算定は医療事務の花形

とは言え、医療事務として最も実力がつくのは『算定』と『請求』の二つの業務です。

患者さまの医療費の計算をして、その診療報酬の請求事務が出来る、ということは医療事務として一人前になれたかどうかの判断基準にもなります。

『算定』は医療事務の花形とも言われているくらい、もっとも医療事務としてのスキルが生かされるところです。

ここで経験を積めば積むほど、医療事務としての腕は上がっていきますが、いきなり希望して配属される、というわけでもありません。
何故なら、医療事務としての基礎知識がしっかり着いていないと算定は出来ないからです。

保険証の見方、公費医療の考え方、高額医療費の計算方法、そういった基礎知識が算定には必要不可欠なのです。

そして、算定にも『外来』と『入院』があり、このどちらも経験しているとなるとそれだけで箔が付きます。

少し大袈裟のように聞こえるかもしれませんが、医療事務の経験者ならば、誰もが『外来算定も入院算定もやっていました』という人物に出会うと喜ぶものです。

そして医療機関側もそういう『エキスパート』を欲しがっていて、育てたがっているのです。

管理者を目指す

医療事務における管理者、というとイメージが掴みにくいかもしれませんが、医療事務として多くの経験を積むと、いずれ病院の経営が見えてくるようになります。

『こういう点数を取っていけば病院全体の増収につながる』
『こういう点検をすればレセプト(診療報酬請求)の精度が上がる』

という風に、あなたは医療機関の改善点を見つけていくことが出来るようになります。

ここまでくれば医療事務としては大きなステップアップが出来た、と思っていいでしょう。
この頃には自然と後輩や部下が増えていて、あなたはリーダー的なポジションになっていることと思います。

かくいう私も、医療事務になって五年目で外来の医療事務たちを取りまとめるお役目を仰せつかりました。

医療事務は磨いたら磨いた分だけスキルになります。
医療事務から派生する資格も職種も多種多様で、どれもこれも突きつめていこうとすれば時間が掛かります。

しかし、それもまた医療事務としてのステップアップというものです。
是非、高みを目指してもらいたい、と私は思います。

▼人気の記事